2つの違い

薬用化粧品を購入するには

化粧品と薬用化粧品の違いですが、化粧品は肌の保湿や清浄が期待できる製品のことをいい、薬用化粧品は化粧品の効果に加えて肌荒れを防ぐ、美白効果があるなどの効果がある有効成分が含まれているものをいいます。薬用化粧品は化粧水や乳液、クリームといったものの他に、日焼け止めや薬用石鹸、シャンプー、リンスといったものもあります。薬用化粧品はドラッグストアやインターネット通販で簡単に買うことができます。薬用化粧品は容器や外箱に医薬部外品と表示されていますので、購入の際にはこの表示を参考に目的にあったものを選ぶようにしてください。薬用化粧品では治療をすることができませんので、普段のお手入れに使用するのが効果的です。

どんな効果があるのか

薬用化粧品は効果や効能が認められている有効成分が含まれれいる化粧品ですので、肌のシミを予防したり美肌を保つことが期待できます。薬用化粧品は薬事法により医薬部外品に分類されています。ですからシミやニキビといった症状を緩和したり予防が期待できる成分が配合されていますので、美しい肌になるために効果が期待できるのです。例えば化粧品に分類される化粧水や乳液などは肌のきめを整えたり肌を引き締める効果が期待できますが、医薬部外品はこれらの効果にプラスしてニキビを防いだり、美白効果が期待できます。薬用化粧品には医薬品ほどの効果は期待できませんが、症状を緩和したり予防することが期待できる成分が配合されていますので、美しい肌を保つ効果が期待できます。